• 高萩 星志

大工家を買う。その1

最終更新: 3月24日

 大工の私が、2人目の子供が産まれるのを機に、そろそろ家を購入しようと思い立ちました。

 せっかくなので、自分で間取りを書いて新築か、中古住宅を購入+リフォーム・リノベーションするか悩んだ上、

 今後の仕事内容を踏まえて中古+リフォームに決めました❗️


【中古住宅購入の条件】

①木造在来工法で建てられている一軒家。

②築年数が20年程度。リフォームしていなく、多少痛みがあり、自分でいつでもリフォーム出来る事。

③車2台駐車。できれば庭あり。

④変な間取りでない事。今後の間取り変更工事するにしても割高になるため。

⑤建売住宅NG。施工に信用ができないため。

⑥地盤調査しており、基礎杭工事している事。

⑦床下から調査し、基礎・構造・筋交い・給排水管に大きな異常がない事。


 そして我が家は駅から徒歩20分以上かかり、縦列駐車ではありますが、建坪42坪で土地55坪越えと想像より広く、上記の条件に合う家を発見。

売主さんにお願いし、100万円ちょっと値引きして頂き、1850万円で購入しました❗️


ちなみ、近隣の建売住宅では、土地建物共に30坪位で3000万前後です。

 木造住宅は新築時は2000万から3000万かかる工事費(外構工事込み)が、

 築20年経つと不動産価値が0〜数百万となり、かなりお得かなと思ってます。


 それと、『住宅ローン控除』について。

 中古住宅は20年以内に建築されたことが条件になってますが、

耐震診断と耐震補強をし、現在の基準の耐震性能を満たすと、


 築21年の我が家でも住宅ローン控除の恩恵を受けられました❗️


 細かく説明すると、我が家は耐震診断の結果、耐震性能が基準値を満たしており、補強工事は不要でした。

 そして、建築設計事務所に所属の建築士でもある私が、『耐震基準適合証明書』を作成し、管轄の税務署に提出しました。

 それで、しっかりローン控除を受けられております٩( ᐛ )و

10年間で180万円位の税金控除が出来るのでありがたい制度です。

 又、中古住宅で耐震補強が必要な場合は、入居前に工事をしなければならないのでご注意下さい。

 その他、住宅購入すると、国や県、市町村から様々な補助金や給付金がありますので、皆様お住まいの自治体に確認を忘れずに。

 ⇒春日部市でいえば「ふれあい家族住宅購入奨励事業」や「埼玉県多子世帯向け住宅取得等支援事業」などなど。


 最後に不動産取得税は20万〜30万円かかると不動産屋さんに言われていたのですが、通知が来てビックリ❗️




、、、2,600円⁈


 間違いかと思い、市役所に問い合わせましたが、間違いなく2,600円との事でした‼️笑

 ちなみに計算式は分かりません。



〈CM〉

 中古住宅を買ってリフォーム・リノベーションをしたい方は、

リフォームリノベーション大工タカハギに、ぜひご相談ください。






44回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示